DTM!リバーブの使い方!かけ方や設定のコツを伝授します!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

DTMで奥行きのある音を作るためには、リバーブを使用することが効果的です。

また、リバーブを使うことで音抜け・太さ・立体感などの側面でも、演出することもできます。

しかし、リバーブには多くのパラーメーターが存在するため、使い方がわからず苦戦されている方も多くいます。

この記事では、リバーブのパラメーターの設定のやり方や、コツについて解説をしていきます。

リバーブとは何か?

本記事の冒頭でも少し触れましたが、リバーブというエフェクターには、音の残響を演出する効果があります。

残響とは、コンサートホールなどで、手を叩いた時に響き渡る音のことを言います。

このような場所で手を叩くと、「パーーーーン」と響き渡ります。

これは、手を叩いた時の音が壁に跳ね返ることで、残響が起こるのです。

逆に一般的な住宅の部屋などで手を叩いても、「パンッ!」と、すぐに音は鳴り止みます。

この跳ね返ってきた音を、DAW上で再現することが、リバーブの役割なのです。

リバーブはsend(センド)でかけよう!

それでは早速、リバーブの設定方法について解説を!

といきたいところですが、その前にエフェクターのかけ方の種類について少し触れておきます。

DAW上で音にエフェクターをかける時は、「インサート方式」「センド方式」の2つがあります。

リバーブなどの空間系エフェクトは、「センド方式」でかけるのが一般的です。

どちらの方式を取るかによって、エフェクターの効果が大きく変わってきますので、これからの解説をしっかり読むようにしてください。

インサート方式(insert)

インサートとは、トラックに直接エフェクターを挿す方法のことを言います。

画像を用意しましたので、ご覧になってください。

この画像のように、トラックに直接エフェクターを挿すことで、音を直接的に加工することができます。

直接的に加工を施すことによって、元の音を大きく変化させることができます。

このような効果があるため、良くも悪くも、原型を留めていないほどの加工が可能になります。

イコライザーやコンプレッサーなどのエフェクターでは、インサートでかけるのが一般的です。

センド方式(send)

センド方式はインサート方式と違い、原音の状態を保ったまま、エフェクトの効果をつけることができます。

もしもリバーブをインサート方式で直接かけてしまうと、音量が小さくなることがよくあります。

センド方式の仕組みについて解説をすると、かなり難しくなるので割愛しますが、

この方法なら、エフェクターの影響度を高めても、元の音声が小さくなることはありません。

このため、リバーブやディレイなどの空間系エフェクターは、センド方式でかけるのが一般的とされています。

また、センド方式を採用することによって、パソコンにかかる負荷を軽減させるメリットがあります。

ここで、センド方式のかけ方の画像を用意しました。ご覧になってください。

※センドのかけ方は、DAWによって方法が異なります。この記事では、Logic Pro XというDAWの画像を参考にしています。お使いのDAWの方法を、ご自身でお調べになってください。

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

この画像の通りに行えば、センド方式でリバーブをかけることができます!

ただ、必ずしもセンド方式でかけることが、正解というわけではありません。

ミックスをする人の意向により、リバーブを敢えてインサート方式でかけることもあります。

その都度の方向性に沿って、センド方式かインサート方式かを使い分けると良いでしょう。

では、いよいよリバーブの設定方法について解説をしていきます!

リバーブのパラメーター

リバーブには、様々なパラメーターが搭載されています。

パラメーターの数値を設定することで、リバーブの効果を発揮させることができます。

リバーブには沢山の種類があり、物によっては名称などが異なりますが、大体のリバーブに共通して搭載されているものについて解説を行います。

プリディレイ(Pre Delay)

プリディレイとは、音が鳴ってから、残響が発生するまでの時間や距離を設定するパラメーターです。

このパラメーターを設定することで、「空間の広さの表現」に最も強い影響を与えます。

空間を広くしたいのか?空間を狭くしたいのか?

このどちらかを基準にして、プリディレイの値を調整していきましょう。

音を空間になじませたいのなら、設定値を10ms~30ms程度にしてみると良いでしょう。

広がりを演出したい場合は、設定値をグンと上げてから、丁度良いポイントになるまで下げるとやりやすいです。

ディケイ(Decay)

ディケイとは、発生した残響音が消えるまでの時間を設定するパラメーターです。

種類によっては、「ディケイタイム」という名称のものもあります。

このパラメーターの数値が大きいほどに、残響が長く続きます。

逆に小さければ、残響はすぐに減衰し消えます。

サイズ(size)

サイズとは、音を鳴らす部屋の大きさを設定するパラメーターです。

「Depth」や「Room Size」という名称の場合もあります。

サイズの数値が大きいほどに、長い残響感を演出することができます。

ドライ・ウェット(Dry / Wet)

ドライ・ウェットは、元の音と、残響音のミックスレベルを決定するパラメータになります。

ドライは、元の音の強さを設定し、

ウェットは、残響感を設定します。

例えば、ドライを0にし、ウェットを大きくすると、残響音の強い効果を演出することができます。

逆にドライを強めに設定し、ウェットを小さくすれば、元の音に近い状態で薄く残響感を得ることができます。

デンシティ(Density)

デンシティとは、残響音の密度を設定するパラメータです。

設定値を大きくすれば、残響音がなめらかに減衰していきます。

逆に設定値を小さくすると、残響が極端に減衰していきます。

リバーブの使用例

実際にリバーブを使用して、残響感を演出してみたいと思います。

ここで、僕のバンドの楽曲音源の一部を用意しました。

この音源のリードギターに、リバーブをかけてみます。

まずは、リバーブを全くかけていない状態の音源を用意しましたので、お聴きください。

オフ・リバーブ

リバーブを使用していないため、リードギターが伴奏から浮いているのがわかります。

ここで、リバーブを下の画像のように設定してかけてみます。

それぞれのパラメーターを設定しましたが、特に注目してもらいたいのは、以下の3点です。

プリディレイ = 545ms

ドライ = 0

ウェット = 100%

このように強めの設定することで、残響感を強く演出し、奥行きを生ませることができます。

音源をお聴きください。

リバーブ設定を強めにかけることで、リードギターの音の広がりを演出することができました。

特に、リードギターやボーカルのようなパートは、音楽の顔になります。

このようなパートに、リバーブをやや強めにかけてあげると、存在感を強く前に出してあげることができます。


ただし、作曲者や編曲者の意図により、必ずしもこのような使い方をするとは限りません。

リードパートであるにも関わらず、あまりリバーブを使用しないという演出をする場合もあります。

あなたがお作りになる音楽の特性を軸にしながら、どうかけるかを考えていきましょう。

よくわからないならテンプレートを使うのも手段

これまで、大体のリバーブに共通して搭載されているパラメーターと、効果について解説をしてきました。

ご自身で数値を設定していけば、理想的な残響効果を作ることはできます。

しかし、それでも使い方がよくわからない、という方もいるかと思います。

ここで、あなたにお伝えしたい手段があります。

それは、テンプレートを利用することです。

このテンプレートを利用することで、パラメーターを自動で設定してくれます。

近年のプラグインには、無料のものでも、数種類のテンプレートが用意されていることがあります。

任意で選んだテンプレートを軸とし、それぞれのパラメーターをあなたのお好みで設定すればオーケー!

また、種類によっては、残響を生成する部屋の設定を行うことができます。

・コンサートホール

・シアタールーム

・ルーム

などといった環境を選べば、擬似的に設定した部屋の残響音を演出してくれます。

この方法もぜひ試してみてください。

まとめ

この記事で解説してきたように、リバーブのパラメーターを設定すれば、奥行きのある音を作ることができます。

DTMで音楽を製作するときは、リバーブの使用は特に重要となります。

前述の通り、ボーカルやリードギターという、音楽の顔のパートを強調させるのはもちろん、

伴奏として背景に馴染ませるために、使用するといった側面もあります。

僕がリバーブを使うときは、よくテンプレートを軸にしながら、パラメーターを設定することが多いです。

自分で無闇にパラメーターをいじるよりも、ある程度は自動で設定して、そこから自分の好みの音にしていくほうがやりやすいからです。

あなたなりにリバーブを使い、理想的な音にできるよう、頑張ってみてください!

では、この記事は以上になります。

あなたのお役に立てたら幸いです!