楽譜読めないけどDTMやっていいの?やっても大丈夫だよ!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnia_tetsu

これからDTMで音楽制作をしようと思っている方や、既に始められている方の中に、

「楽譜が読めないとDTMはできないのでは?」、と不安に思われている方が、多くいると思います。

僕自身も作曲を始めようと思った時、同じことを思っていました。

このことを結論からお話しすると、楽譜が読めなくてもDTMはできます。

お恥ずかしい話ですが、僕も楽譜をほとんど読むことができません。

それでも、これまで数多くの楽曲を、DTMで製作してきました。

しかし、楽譜を読めた方が、メリットが大きく働くのも事実です。

この記事では、DTMで音楽を製作する上で、

・楽譜が読めなくても大丈夫である理由

・読めることでどのようなメリットがあるのか?

この2点について、解説をしていきます。

楽譜が読めなくてもDTMができる理由

DTMでは、楽譜が読めなくても大丈夫と、多くの方は言われています。

そもそも、なぜ楽譜が読めなくても、DTMができるのでしょうか?

そのことについて、4つの項目に分けて解説を進めていきます。

DTMでは楽譜を使わないのが普通

DTMで音楽を作曲する時は、CubaseやLogic Pro Xといった、作曲ソフトを使用します。

このような作曲ソフトを使用して音楽を製作する時は、ピアノロールにMIDIノートを打ち込むところから始めます。

ピアノロールとは、ピアノの鍵盤が画面の左側に描かれている、編集画面のことです。

作曲ソフト上の、楽譜のようなものであると認識すればわかりやすいでしょう。

実際のピアノロールの画面です。左側に鍵盤が描かれています。

上の画像の、緑色の棒のようなものが、実際のMIDIノートになります。

MIDIノートには、ピアノロール上での音符のような役割があります。

このMIDIノートをピアノロール上に打ち込むことで、指定した楽器をその通りに演奏してくれます。

パソコンやスマホなどで作曲をする時は、作曲ソフトやアプリを使うのが基本です。

このようなソフトやアプリには、ピアノロールが必ず存在し、そこにMIDIノートを打ち込んで作曲を行います。

打ち込むだけなら、楽譜を読むスキルは、ほぼ必要ありません。

あなたが思い浮かんだメロディやリズムを、そのままピアノロールに打ち込むだけでも、作曲という行為が成立します。

「楽譜も読めないのに、DTMで作曲なんてしていいのかな…」と、後ろめたく思う必要もないのです。

そもそもDTMでは、楽譜を使わないのが普通です。

DTMで作曲をするための方法は、下記のリンクにて詳しく解説をしています。

お気になる方は、そちらも併せてお読みください。

・DTM作曲入門!初心者のためのコツや方法を解説! 

ミックスという作業では楽譜は不要

DTMと聞くと、パソコンなどで音楽を作曲するイメージが強いかと思います。

確かにそれで間違ってはいないのですが、実はそれ以外にもできることがあるのです。

それは、ミックスという作業です。

ミックスとは、歌や楽器など複数の音のバランスを整え、1つに混ぜる作業のことを言います。

この作業は、ボリュームバランスの調整や、エフェクターを駆使することが基本です。

ボリュームバランスを整えたり、エフェクターを駆使するのに、楽譜を読む必要はありません。

例外として、ボーカルのピッチ修正を行う時は、多少でも楽譜が読めた方が有利にはなります。

ミックスについては、下記の記事にて詳しく解説をしています。

お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・DTM!覚えておきたいミックスの6つの手順とは?

楽譜が読めないプロの作曲家もいる

これは意外な事実なのですが、楽譜が読めないプロの作曲家は結構います。

あなたの好きなミュージシャンも、楽譜が読めないのに、作曲を行なっている可能性があります。

有名な方だと、小室哲哉さんも、楽譜を読むことができないそうです。

また、サザンオールスターズの桑田佳祐さんも、楽譜が読めないことで有名です。

海外のミュージシャンだと、スティーヴィーワンダーさんも、盲目のため楽譜が読めません。

それでもこの方々は、何の問題もなく、素晴らしい音楽を作曲されています。

この他にも、多くのバンドマンやシンガーソングライターも、楽譜が読めない人は沢山います。

なぜなら、楽譜が読めなくても、作曲や音楽活動に支障がないからです。

このことから、楽譜が読めなくても、DTMができるということがわかりますね。

楽譜を読む必要がある人だけ読めるようになればいい

楽譜を読める音楽家は、「楽譜を読む必要があるから」、読めるのです。

例えば、プロのスタジオミュージシャンは、楽譜が読めた方が有利に仕事ができます。

彼らは、レコーディングやライブサポートなどの依頼を受け、それを仕事としています。

よって、誰よりも正確な演奏を求めらることになります。

逆に読めなければ、正確な演奏ができず、仕事にならないでしょう。

もちろん、中には楽譜の読めないスタジオミュージシャンも存在します。

そういった方は、耳コピで正確な演奏を再現しています。

楽譜が読めることで発生するメリット

これまでの解説を読むと、「なんだ!楽譜は読めなくてもDTMはできるんだ!」、と思わせるような印象を与えたかと思います。

確かに、これまで解説してきたことは、何も間違っていません。

しかし、楽譜が読めることで発生するメリットも存在します。

ここからは、そのメリットについて解説をします。

視覚的に曲の特徴を把握することができる

楽譜が読めない人は、音符を見ただけでは、その曲がどいうものなのかをわかることができません。

実際に音楽を再生しないことには、曲を把握するのは難しいでしょう。

しかし、楽譜が読める優れた音楽家は、音符を見ただけで曲を把握する能力があります。

ここで、僕のお世話になっている、先輩ミュージシャンの話をします。

先輩はもともと、クラシックピアノと、声楽をやっている人でした。

このような音楽を専攻される方は、演奏の練習だけでなく、楽譜を読む練習も同時に行います。

それは、楽譜を見ただけで、正確に演奏できるスキルを磨くためと言われています。

その練習を積んできた先輩は、楽譜を見ただけで、その曲を歌い上げることができるのです。

このような極端な技術がなくとも、ある程度読めるだけでも、曲のニュアンスを把握することは可能です。

例えば、楽譜には「音楽記号」と呼ばれる、奏法を指定する記号があります。

具体的には

・ピアニッシモ = とても弱く演奏する

・フォルテ = 強く演奏する

などといった奏法を、楽譜が演奏者に指定します。

この記号の意味を知ることで、「ここのフレーズは弱く演奏すればいいんだな!」と、わかるようになるのです。

このことから、楽譜を読めることで、視覚的に曲の特徴を捉えることができることがわかります。

記録として残しやすい

紙やデジタルデータなどで楽譜として残せるのは、とても大きな意義があります。

その意義とは、後世にまでその曲を残すことができるということです。

実際に、数百年前に作曲されたバッハやベートーヴェンなどの音楽も、楽譜として現代までに残されています。


数百年の時を超え、楽譜を元に演奏ができるなんて、素敵だと思いませんか?(笑)

コピー曲を作るのに楽譜を使う

これまで、DTMでは楽譜を使わないのが普通であると、解説をしてきました。

実は例外的に、楽譜を使う場面があります。

それは、コピー曲を作る場面です。

コピー曲を作る時は、下記の2つの方法で行うのが一般的です。

・耳コピでコピー曲を作る

・楽譜を使用してコピー曲を作る


耳コピができる方なら、楽譜は不要でしょう。

しかし、耳コピができない状態でコピー曲を製作したいなら、楽譜は必須と言えます。

楽譜に書かれている音符を元に、打ち込みを行う手法です。

こういった場面なら、DTMでも楽譜を読めるようになる必要はあるでしょう。

まとめ

これまでの解説の通り、DTMで作曲をする上で、楽譜は読めなくても何の問題はありません。

この記事を読んでいる人は、これからDTMを始めようかと思っている方が、多くいるかと思います。

是非、そのまま始めてみてください。

DTMでは、楽譜が読めなくても、楽器が弾けなくても、音楽を製作することができます。

また、実際に作った音源をパソコンや端末上で、データとしても保存することができるのです。

操作法を覚えなければいけませんが、時間をかけて触っていけば、できるようになります。

頑張ってみてください!

では、この記事は以上になります。

あなたのお役に立てたら幸いです!