コード進行からメロディをつける作曲の方法を伝授します!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnis_tetsu

コード進行からメロディをつける方法で、作曲をされる方は多いと思います。

僕は作曲のキャリアは10年以上になりますが、ほとんどはこの方法を採用して、音楽制作を行っています。

しかし、実際にメロディを付けてみても、どこか物足りなさを感じることもあるかと思います。

このことを解消するためには、2つのアプローチを取る必要があります。

そのどちらかを採用するだけでも、十分に効果を発揮することができます。

そこでこの記事では、コード進行にメロディをつけるための2つの方法や、実際に僕が作ったメロディパターン3種を紹介します!

コードの音色をしっかりと感じ取ろう

コード進行から、メロディをつけるために一番重要なことは、コードの音色をしっかりと感じ取ることです。

コード進行と言っても、様々なパターンがあります。

・明るい進行なのか?

・切ない進行なのか?

・アップテンポな進行なのか?

・ゆったりした進行なのか?

思いつくだけでも、コード進行で取れるアプローチは、こんなにあります。

例えコード進行が同じであったとしても、リズムの取り方が変わるだけで、聴こえ方が全く違ってきます。

まずは、あなたが作ったコード進行が、どのようなアプローチを取っているかを理解する必要があります。

理解という言葉を使いましたが、感覚的であっても構いません。

「この進行だったら、こういうメロディの方が映えるな!」、といった感覚です。

冒頭でも申し上げましたが、コード進行からメロディをつけるためには、2つのアプローチがあります。

・理論的にメロディをつけるか?

・感覚的にメロディをつけるか?


どちらを採用しても問題はありませんが、コードの音色をしっかりと感じ取ることで、より強力なメロディ作りを実現することができます。

このことを念頭に置いて、これからの解説を読むようにしてください。

メロディをつける前にコード進行から予測される音楽のキーを知ろう

コード進行からメロディをつける時は、「コード進行がどのようなキーで構成されているか」を知ることがポイントになります。

音楽における「キー」のことを簡単に言うと、「曲の中でどんな音を主体として使うか」を意味する言葉になります。

少々、難しいように感じられていませんか?

大丈夫です!このキーという概念は、そんなに難しいことではありません!

なんなら、作曲を少しでも始められているなら、感覚的にキーを理解できている可能性が高いです!

すでに申し上げていますが、コード進行からメロディを生み出すためには、以下の2つのアプローチがあります。

・コード進行を聴きながら、感覚的にメロディをつける方法

・理論に基づいてメロディをつける方法

「感覚的にできるなら、キーなんて知らなくてもいいんじゃないの?」

と思われていませんか?

確かにその場合だと、絶対に必要とは言えません。

ただ、感覚的にメロディをつける場合でも、自然とキーに基づいて行っている場合がほとんどです。

コード進行にメロディをつけるときは、キーに対する知識の有無によって、メロディの付け方に大きく差が出てきます。

僕自身は、長年このキーという概念をすっ飛ばして、作曲を行なってきました。

確かに作曲を進めることはできましたが、途中でつまづいてしまうことも多くありました。

そこで、キーの概念を少し勉強したところ、メロディをつけることに対して迷いが一気に少なくなったのです。

「アレってそういうことだったんだ!」と、今までの疑問が一気に解決できて、テンションが上がりましたね(笑)

ただ、「理論は難しい!」と、感じられている方もいるかと思います。

できればキチンと理論を理解した上で、行う方が有利なのですが、その場合はこれからの項目は読まずに、

・コード進行を聴きながら(弾きながら)感覚的にメロディをつける

・コード進行を基にしたメロディパターン3つを紹介!

この2つの項目だけを、読むようにしてください。

この記事の上の方に目次がありますので、そこをクリックすれば、この項目に飛びます。

キーとダイアトニックスケールを学習しよう

ではここで、下記のコード進行を例にしながら、解説を進めていきます。

G → Am → D → G

実際の音声はこちら。

このようなコード進行を元にメロディをつける場合は、「キーが何か」を知ったほうが有利に作曲を進められます。

ここで、キーについておさらいをすると

「キーとは曲の中でどんな音を使うか?」

ということでしたね。

例えばキーがCなら、使える音は

「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」、7つの音になります。

Cをキーとした上で作曲をする場合は、この7つから音を選定して、メロディを作るということになります

また、この7つの音のことを、ダイアトニックスケールと言います。

もちろん、キーはC以外にも種類がありますので、一覧表を画像で用意しました。

是非、ご覧になってみてください。

ダイアトニックコードを学習しよう

この7つの音が決まることにより、使えるコードも決まってきます。

この使えるコードのことを、「ダイアトニックコード」と言います。

このことをまとめると、「キーが決まることで、ダイアトニックコードも同時に決まる」、という事になります。

例えば、キーがCの場合だとダイアトニックコードは、以下の7つになります。

キーがCの場合のダイアトニックコード

C / Dm / Em / F / G / Am /Bm-5

C以外のキーのダイアトニックコードは、下の画像をご覧ください。

あなたが組み立てたコード進行を、この表を基に照らし合わせてみてください。

そうすれば、自ずとキーが何であるか予測することができます。

ここで、先ほど紹介したコード進行をおさらいしておきます。

G → Am → D → G

この進行だと、キーはGになります。

キーの予測のやり方は、次の項目をご覧になってください。

コード進行からキーを予測する方法

G → Am → D → G というコード進行のキーが、なぜGと予測できたのでしょうか?

それは、ダイアトニックコードに答えがあります。

この3つのコードが主に使われているダイアトニックコードは、

GAm / Bm / C / D / Em / F#m-5 (G♭m-5)】

になります。

このことから、キーがGであると予測することができるのです。

この方法を基に、実際にあなたが組み立てたコード進行と、上の図を照らし合わせてみましょう!

これまでの解説では、「予測」という言葉を使いました。

これはなぜかと言うと、「作曲の方法に正解はない」、という理由があるからです。

確かに先ほどのコード進行では、Gというキーを割り出すことができました。

しかし、作りようによっては、キーを何にでもできてしまいます。

極端な話になりますが、キーを割り当てずに作曲することも可能です。

ただ、一般的に流れている音楽のほとんどは、キーに基づいて作曲されています。

あなたが好きな音楽も、キーに基づいて作られている可能性が非常に高いと言えます。

そういった曲を聴き慣れている上で、作曲をする事になるわけですね。

よって、キーをあらかじめ選定しておいたほうが、作曲がしやすくなります。

コード進行からメロディをつける2つの方法

ここからは、コード進行からメロディをつける2つの方法について、解説を進めます。

この方法は、感覚的に行う方法と、理論にも続いて行う方法のそれぞれがあります。

これからの解説を、しっかり読んでくださいね。

コード進行を聴きながら(弾きながら)感覚的にメロディをつける

コード進行から、感覚的にメロディをつける方法はいたってシンプル!

コード進行を聴きながら、もしくは、弾きながら鼻歌でハミングをするだけです!

この時のポイントは、以下の手順に沿うことで、上手くできやすくなります。

① まず最初に、何回もコード進行を聴く、もしくは楽器で弾いてください。

② その中で、コードの音色をしっかり感じ取ってください。

③ 感じる取れたら、自然にメロディが思い浮かんできます。

④ メロディが思い浮かんだら、すぐに鼻歌で歌う!必ず、スマホアプリなどで録音しましょう!

⑤ 録音ができたら、すぐに聴き直します!

⑥ すると、納得のいかないところと、気に入ったところが出てくると思います。

⑦ 納得のいかないところを、修正するような感覚で、録音をやり直すようにしましょう。


この手順で行うだけでも、十分にコード進行にメロディをつけることができます。

ここで、仮でも構いませんので、歌詞を用意できたらグッド!

歌詞があることで、よりメロディの輪郭をハッキリとさせることができます。


そして、これは余談になりますが…。

こうして感覚的に作られたメロディでも、先ほど紹介したキーに沿って、自然と作られる場合がほとんどです。

作曲って不思議ですね…!

尚、項目では作詞について、少し触れました。

この方法については、下記のリンクにて詳しく解説をしています。

お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・作詞のやり方!歌詞の書き方の手順・コツ・構成を徹底解説!

コードにキーの沿って理論的にメロディをつける

コードのキーに沿ってメロディをつける場合は、先ほど紹介した、キーとダイアトニックコード・スケールが肝になります。

この記事で例に挙げたコード進行は

G → Am → D → G でしたね。

また、このコード進行から予測されるキーは、Gです。

つまり、Gのダイアトニックスケールから使える音を選定して、メロディをつけることが出来ます。

この方法は、ピアノなどの鍵盤楽器の経験がある方なら、特にメロディをつけやすいかと思います。

スマホなどの録音アプリでコード進行を録音し、それを聴きながら、キーに沿ったダイアトニックスケールを感覚で弾いてみてください。

このことを何回も繰り返すことで、メロディの輪郭がハッキリとしてきます。

理論的な側面と、感覚的な側面の両者をイメージして行えばグッドです!

コード進行を基にしたメロディパターン3つを音源付きで紹介!

ではここで、実際に僕がコード進行にメロディをつけてみました!

一口にメロディと言っても、「どのタイミングでメロディが開始するか」が重要なことになります。

このメロディが始まるタイミングは、主に以下の3パターンがあります

・小説のジャストら始まるメロディ

・小説の前から始まるメロディ

・休符から始まるメロディ

この3パターンを把握しておくと、今後あなたが作曲でメロディをつける時に、大きく役立ちます。

尚、これから紹介する音声は、Gのダイアトニックスケールに基づいています。

このことも意識して、お聴きいただければ、より理解が深まります。


では、実際の音声を使って、解説を進めていきます。

小節のジャストから始まるメロディ

小節のジャストから始まるということは、

「メインメロディと伴奏が一緒にスタートするイメージ」

と言えば、わかりやすいかと思います。

この始まり方は、正統派と呼ぶに相応しい印象がありますね。

小節の前から始まるメロディ

小説の前から始まるメロディとは、

「伴奏が始まる少し前にメインメロディをスタートさせる」

と言えば、わかりやすいかと思います。

このパターンは、日本のヒットソングでは、必ずと言っていいほど採用されています。

このことを音楽用語では、「サビはくって入る」などと呼ばれています。

また、小節の頭以外からメロディがスタートすることを、「アウフタクト」とも言います。

メインメロディを先にスタートさせることで、曲のキャッチーさを引き立たせることができますね!

休符から始まるメロディ

休符から始まるメロディとは、

「伴奏が始まってから、少し間をおいてメインメロディをスタートさせる」

と言えば、わかりやすいかと思います。

このパターンもアウフタクトに分類されます。

休符を置いてからメロディをスタートさせることで、余裕のあるゆったりとした展開を期待することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

理論的な話もあり、少々難しいように感じられた方もいるかと思います。

しかし、この記事の冒頭でも解説したように、コードの音色を感じ取ることが何よりも大切になってきます。

どんなに理論を学んだところで、感覚的な部分が身についていないと、いいメロディを生み出すのは難しいでしょう。

これを解消するためには、この記事の解説をしっかり実践する以外にありません。

あなたにも必ずできるようになるので、頑張ってくださいね!

では、この記事は以上になります。

あなたのお役に立てたら幸いです!