Logic Pro Xでドラムを打ち込む方法、コツ、手順を解説!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnia_tetsu

この記事では、Logic Pro X(ロジックプロテン)での、ドラムを打ち込む方法を解説していきます。

このDAW(作曲ソフト)で、初めてドラムの打ち込みをしようとしている方とって、かなり役立つ情報が記載されています。

しっかりと打ち込みテクニックを学べば、作業効率が一気に加速しますので、しっかり読んでいってくださいね!

ドラムの音色を選択する

まずは、ドラムセットを選択しましょう。

Logic Pro Xには、多くのドラムセットが標準搭載されています。

ただ、どれも同じような音色ばかりです。なので、あなたのお好みで選んでいただいて大丈夫です。

この記事では、Smashというものを選択します。

ここで、ドラムセットを選択するとき、2つのパターンがあります。それぞれをご紹介します。

Logic Pro Xを立ち上げてすぐにドラムを選択する場合

Logic Pro Xを立ち上げ、すぐにドラムを選択したい場合の解説をします。

まず、DAW(作曲ソフト)を立ち上げたら、すぐにこの画面になりますので、画像の手順に沿って選択を行なってください。

ソフトウェア音源を選択し、トラック数を1に設定。最後に作成をクリックしてください。

すると、下の画面になりますので、画像の手順に沿って選択を行なってください。

画面左側にあるDrum Kitをクリックすると、すぐ右隣にドラムセットの一覧が表示されます。

その一覧から、ドラム音源を選択すればオーケー!

これで、ドラム音源の選択が完了しました!

ドラム音源を後で追加する方法

Logic Pro Xを立ち上げ、後で追加する形で、ドラムセットを選択する方法をご紹介します。

まず、下の画像の手順の通りに行なってください。

画面左上の+をクリックし、ソフトウェア音源を選択してください。

次にトラック数を1に設定し、最後に作成をクリックすると、次のような画面になります。

ここで、Drum Kitをクリックし、後はお好きなドラムセットを選択すればオーケー!

これで、ドラムセットの立ち上げが完了しました!

ピアノロールにMIDIを打ち込む方法

では、ここからは実際にピアノロールにMIDIを打ち込み、ドラムの演奏を作っていきます。

ピアノロールの立ち上げ方

まずは、ピアノロールの立ち上げ方から紹介します。下の画像をご覧になってください。

ドラムトラックの右側の空白部にカーソルを合わせ、マウスを右クリックします。

マックブックなどでマウスをお使いでない場合は、トラックパッドを指2本で同時に押してください。

すると、メニューが登場しますので、「空のリージョンを作成」を選択してください。では、下の画面をご覧になってください。

緑色のボックスが登場しました。Logic Pro Xでは、これを「MIDIリージョン」と呼ばれています。

次に、このMIDIリージョンにカーソルを合わせ、ダブルクリックをしてください。すると、次のような画面が登場します。

画面の下の方に、ピアノロールが立ち上がりました。しかし、このままでは作業が進めにくいので、これを引き延ばしましょう。

下の画像をご覧になってください。

ピアノロール上部の青い線にカーソルを合わせて、クリックしたまま上に移動させると、引き延ばすことができます。

すると、次のような画面になります。

隠れていた箇所が、顔を出しました!

これは限界まで引き延ばす方が、打ち込み作業がやりやすくなるので、それをオススメします。

ドラムの打ち込みの実践

では、Logic Pro Xでの、ドラム打ち込みの実践法を解説していきます。

ドラムはピアノやシンセサイザーなどの音源と違い、MIDIノートの長さを気にする必要はありません。

したがって、長さは下の画面のように、16分の1の長さでも問題はありません。

ピアノロールにMIDIを打ち込むときは、打ち込みたい箇所にカーソルを合わせて、

キーボードにあるcommandキーを押しながらクリックすればできます。

また、Logic Pro X標準搭載のドラム音源のピアノロールには、鍵盤のすぐ右隣に、ドラムパーツの名称が記載されています。

かなりの親切設計となっており、初心者に優しいレイアウトになっているのがわかると思います。

では、下の画像をご覧になってください。

手順通りに行ったことで、このように打ち込むことができました。

しかし、マウスで一つ一つ打ち込むと、大変な時間を割くことになります。

そこで、打ち込み作業の時間を短縮させるために、コピペとショートカットキーの活用法をご紹介します!

尚、ドラムの打ち込みのパターンについて、解説している記事もあります。

お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・DTMでの打ち込みドラムの基本やパターンを解説! 

コピペとショートカットキーを使い作業を短縮する方法

MIDIノートを一つずつ打ち込んでいくと、膨大な時間を消費することになります。

ここで、コピペ(コピーペースト)と、ショートカットキーの活用法について解説を進めていきます。

MIDIリージョンをコピペする方法

Logic Pro Xでの打ち込みドラムの作業時間を、短縮させる方法について解説を進めていきます。

まず最初は、1小節分の打ち込みを済ませてください。

それが出来たら、ピアノロールを一旦閉じてください。閉じ方は、画面左上のハサミマークをクリックすればオーケーです。

すると、次のような画面になります。

ここで、MIDIリージョンにカーソルを合わせ、右クリックをしてください、すると、次のような画面になります。

MIDIリージョンにカーソルを合わせ、右クリックをします。メニューの編集を選択し、次にコピーをクリックします。

こうすることで、あなたのパソコンにMIDIリージョンをコピーすることが出来ます。

次に、このコピーしたMIDIリージョンを貼り付けます。下の画像をご覧になってください。

ここでは、2小節目に貼り付けますので、そこに白い棒を合わせます。

次に右クリックをし、ペーストをクリックしてください。すると、次のような画面になります。

これで、ペーストが完了しました!このことを行うだけでも、打ち込み作業の時間を短縮させることができます。

ショートカットキーを使い更に作業時間を短縮する方法

これまでに解説したやり方だと、作業時間を最大限に短縮することはできません。

ここで、ショートカットキーを活用すれば、更に作業時間の短縮をさせることができます。

ショートカットキーとは、パソコンのキーボードのボタンを2つか3つ同時に押して、特定の機能を動作させるために押すキーのことです。

まずは、コピーのショートカットキーからご紹介します。下の画像をご覧になってください。

まず、コピーしたいMIDIリージョンを選択します。

次に、キーボードのcommandを押しながらCを押してください。

これで、あなたのパソコンにMIDIリージョンを記憶させることができました。

次に、貼り付け方の方法を紹介します。下の画像をご覧になってください。

まず、貼り付けした箇所にカーソルを合わせます。次に、commandを押しながらVを押してください。

すると、下の画面のように、貼り付けることができます。

この動作を覚えることで、打ち込み作業をかなり短縮することができます。

この方法を使いこなすことができれば、DTMがかなり楽になります!まるで、プロになったような気分も味わえます(笑)

是非、実践してみてくださいね!

ドラムセットをバラしMIDIをトラックごとに分割させる方法

Logic Pro Xで打ち込んだドラムに、更なる編集を加えるために、MIDIを分割してトラックごとに分ける必要があります。

これは打ち込みの方法というよりかは、ミックスの範疇の話になります。

今後あなたが、音楽製作を長く続けていく意思があるなら、このことも併せて覚えておいたほうがいいでしょう。

ドラムのミックスでは、スネアやキックなど、パーツ別にエフェクターをかけるのが基本です。

もし、分割をしないでイコライザーなどのエフェクターをかけると、ドラムの全てのパーツに同じ効果を与えることになります。

このことから、MIDIをトラックごとに分割する方がいいことがわかります。

実際に行うには、「ノートピッチを分離」という機能を活用してトラックを分割します。

まず始めに、バラバラになっているMIDIリージョンを一つに結合します。下の画像をご覧になってください。

ドラムトラックの全てのMIDIリージョンを選択し、そこから右クリックをし、結合を選択してください。

すると、次の画面になります。

バラバラだったMIDIリージョンを、一つに結合することができました。

ちなみに、この動作もショートカットキーが存在しますので、併せて紹介しておきます。

MIDIリージョンを全て選択したら、キーボードのcommandJを同時に押してください。

すると、一瞬で結合させることができます。

尚、MIDIリージョンがすでに一つになっている場合は、この工程は飛ばしてください。

次に、ノートピッチの分離を行います。下の画像をご覧になってください。

一つに結合したMIDIリージョンをカーソルで選択し、そのまま右クリックをしてください。

そこから、「MIDI → ノートピッチの分離」 の順番で選択してください。すると、以下のような画面になります。

ドラムセットのパーツごとに、トラックを分けることができました。

このままでは、どのトラックが何の音なのかわかりにくいので、名前をつけましょう。

トラック名にカーソルを合わせ、ダブルクリックしてください。すると、次の画像のようになります。

ここまでできたら、あとはそれぞれに名前をつけていくだけです。

僕の場合は、「kick , snare , hihat」など、英語表記にすることが多いです。

S (ソロ)やM(ミュート)などの機能を連動させない方法

ここで、注意してもらいたいことが一点あります。

これまでの解説の通りに行えば、ドラムセットの音を、トラックごとに分割することはできます。

しかし、トラックにあるS(ソロ)やM(ミュート)のボタンをクリックすると、

それ以外のトラックも連動してしまう現象が発生します。下の画像をご覧になってください。

ご覧のように、連動しているのがわかると思います。

この状態だと、ミックスを上手く行うことができません。

これはLogic Pro Xの仕様なのか、アップル側のミスなのか、原因は不明とされているようです。

この現象の解消法も併せて、紹介しておきます。下の画像をご覧ください。

まず、トラックをクリックし、選択してください。

次に、画面左上に2つ並んでいるボタンの、右側をクリックしてください。

すると、選択したトラックのすぐ下に、新たなMIDIトラックが出現します。

そこに、MIDIリージョンをドラッグすればオーケー!下の画像をご覧になってください。

元のトラックは使用しませんので、削除するようにしてください。

これで、ミュートなどのパラメーターの連動を解消することができました。下の画像をご覧になってください。

この作業を全てのトラックに行うことで、連動を解消することができます。

少々手間がかかりますが、ミックスを行う際には必要な作業になりますので、しっかり行うようにしましょう。

尚、ドラムのミックスの方法については、下記リンクの記事にて詳しく解説をしています。お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・DTM!ドラムミックス/ミキシングのコツ!打ち込みの音作り!

打ち込んだMIDIをオーディオトラックに変換する

このことも先ほどと同じで、ミックスの範疇の話になります。

MIDIデータを再生するとき、パソコンに大きな負荷を与えます。

それを軽減させるには、MIDIデータをオーディオトラックに変換する必要が出てきます。

オーディオトラックは、再生に大きな負荷をかけないからです。

では、その実践の方法を解説していきます。

最初にトラックを選択して、パソコンのキーボードのcontrolを押しながらBを押してください。

すると、次のような画面になります。

名前は、あなたのわかりやすいものをつければオーケーです。

そして、画面右下のOKをクリックします。すると、下の画面のようになります。

これで、MIDIデータをオーディオファイルに変換することができました。

ちなみに、この作業を行うと、他のトラックと連動してミュートされるようなことはありません。

また、残ったMIDIリージョンのトラックは、削除しても問題はありません。

しかし、曲作りを進めている中で、「ここのフレーズを変えたいな」と思う場面があります。

ただ、一度オーディオ化したMIDIリージョンは、編集することができません。

厳密に言うと、MIDIノートを打ち込んでも、音が再生されないのです。

よって、オーディオ化させる前に予めコピーをしておき、それを予備のトラックに貼り付けておく方がいいでしょう。

ドラムのトラックを一つにまとめる方法

ドラムセットをトラックごとに分割すると、どうしても数が多くなってしまいます。

そこで、Track Stack(トラックスタック)という機能を使えば、トラックを一纏めにすることができます。

トラックをフォルダで整理するようなイメージですね。では、下の画像をご覧になってください。

整理したいトラックを全て選択し、画面の左側にカーソルを合わせて、右クリックをします。すると、次のメニューが登場します。

メニューが登場したら、Track Stackを選択してください。すると、次の画面になります。

フォルダスタックを選択し、作成を押してください。すると、以下のような画面になります。

これで、複数のトラックを整理することができました。

画像の青く囲っている箇所をクリックすると、それぞれのトラックが現れます。

ちなみに、サミングスタックを選択すると、下のような画面になります。

フォルダのトラックに、イコライザーなどのエフェクターをかけることができます。

こうすることで、トラック内にある全ての音にその効果がつきます。

初心者のうちでは、扱いが難しい部類になりますので、フォルダスタックで十分です。

Logic Pro X標準搭載以外のドラム音源のススメ

さて、ここで僕からあなたへ、提案したいことがあります。

あなたがこれから長くLogic Pro Xを使用していくつもりなら、途中で外部のドラム音源を導入してみることをオススメします!

正直なところ、標準搭載のドラム音源は、クセが強い印象があります。

実際に僕以外のユーザーからも、同様の声を聞くことがよくあります。

いきなり有料の外部音源を導入する必要はありませんが、打ち込み作業に慣れたタイミングで、手を出してみてはいかがでしょうか。

僕は2万円ほどのドラム音源に手を出しましたが、音が一気に良くなり、作業効率が加速したのを覚えています(笑)

是非、このことも検討してみてください。

まとめ

Logic Pro Xでの、ドラムの打ち込みの方法を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

このDAW(作曲ソフト)はプロやアマチュアを問わず、多くの作曲家にシェアされています。

それだけのこともあり、慣れてしまえば本当に使いやすいです。

この記事で解説してきた方法をしっかりと実践していけば、サクサクと打ち込みができるようになります。

時間はかかりますがt、根気よく付けていけば、作業効率を良くすることができます。頑張ってくださいね!

では、この記事は以上なります!

あなたのお役に立てたら幸いです!