Logic Pro Xでおすすめのオーディオインターフェースはあるの?

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnia_tetsu

パソコンなどで、高音質な録音や再生をするときは、オーディオインターフェースという機材が必須となります。

Logic Pro Xをこれから使おうとしている人なら、おすすめのオーディオインターフェースがないかなと、考えられている方も多いかと思います。

そこでこの記事では、Logic Pro Xでオススメのオーディオインターフェースはあるのかについて、解説を行なっていきます。

オーディオインターフェースとは何か?

まず始めに、そもそもオーディオインターフェースが、どういう機材なのかについて解説を進めます。

冒頭で申し上げた通り、これはパソコンなどで高音質での音声の録音や、音源の再生を行うために使われる機材のことです。

録音時は、歌声や楽器のアナログ音声をデジタル信号に変換し、Logic Pro X のような作曲ソフトで編集できるデータにします。

逆に、再生時はデジタル信号をアナログに変換し、音声データを高音質な状態で試聴することができます。

実はパソコン本体にも、同じような機能が備わっています。

しかし、パソコン本体には、必要最低限のスペックしか備わっていません。

そのため、音源を再生をするときは、低音域のないスカスカな音が流れます。

また、録音時には音割れなどが発生する可能性が非常に高いのです。

このため、録音・再生を行いたいならオーディオインターフェースが必要となります。

音源を高音質な状態で再生することだけが目的なら、パソコン本体にスピーカーやヘッドホンを繋げば可能にはなります。

しかし、録音もしたいとお考えなら、絶対にこの機材を持っていた方がいいでしょう。

Logic Pro Xでオススメのオーディオインターフェースはあるのか?

では、Logic Pro Xで作曲を行うにあたり、オススメのオーディオインターフェースはあるのかについて解説を進めます。

このことを結論から言うと、出来るだけ良質なものを選ぶことをおすすめします。

良質なものといっても、高額なものを買う必要はありません。

確かに10万円を超える価格のものであれば、音質は一気に良くなると思われます。

しかし、そのようなものはレコーディングスタジオなどで使われる、業務用のタイプのものです。

個人で使うだけなら、機材本来の効果を発揮しきれない可能性が高くなります。

ここで、あなたには2〜3万円程度の価格帯のものをおすすめします。

メーカーを挙げるなら、以下の3つなら間違いはないでしょう。

・Roland(ローランド)

・steinberg(スタインバーグ)

・MOTU(モツ)

Rolandやsteinbergの製品を愛用するユーザーは多く、DTMを行なっている人なら、これを所有している人は多いでしょう。

実際に僕も、Rolandのオーディオインターフェースを長年愛用しています。

MOTUは価格帯が2〜3万円のものでも、驚くような高音質での再生・録音が可能とされています。

これはプロの作・編曲家の方も、強くおすすめされている製品です。

安物に手を出してはいけない2つの理由

逆に安すぎる製品には、絶対に手を出さないほうがいいです。

それには2つの理由があり、また僕自身の実体験もありますので、それぞれについて解説をします。

理由①ノイズが発生しやすい

安物のオーディオインターフェースは、ノイズが発生しやすい傾向にあります。

ノイズとは録音時に発生する、「サーーー」と鳴るフロアノイズや、

「プツプツ」といったクリップノイズなどがあります。

また音がビリビリと鳴る、音割れも発生しやすい傾向にあります。

Logic Pro Xでは、イコライザーやデノイザーといったプラグインを使用すれば、ノイズ除去は可能です。

・イコライザー(Channel EQ)

・デノイザー

しかし、録音をするときは、ノイズを発生させないことを前提として行うのがベストです。

ノイズを発生させない対策法は様々ありますが、良質なオーディオインターフェースを使用するのが前提になります。

このようなものを使うことで、ノイズの発生を限界まで抑えることができます。

尚、Logic Pro Xを使ったノイズ除去の方法については、下の記事にて詳しく解説をしています。

お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・Logic Pro Xのプラグインやツールを使ってノイズ除去をする方法を解説!

理由②レイテンシーが発生しやすい

安物をオススメしない2つ目の理由は、レイテンシーが発生しやすいからです。

レイテンシーとは、録音時に発生する遅延のことをいいます。

例えば、歌やギターなどの楽器を録音するとき、実際のタイミングとズレて収録される現象がそれに当たります。

これの原因は、オーディオインターフェースだけでなく、パソコン本体のスペックが低いことも挙げられます。

ただ、Logic Pro Xでは下の画像で赤く囲ってある箇所のように、環境設定でこの現象を抑える機能があります。

しかし、最初の段階でレイテンシーを発生させないためにも、良質なオーディオインターフェースを使用するのが望ましいでしょう。

僕がDTMを始めたての頃は、予算をケチり一万円ほどの安物に手を出した過去があります。

その結果、レイテンシーや音割れの発生に悩まされたのをよく覚えています。

購入してから1ヶ月で売り払い、ローランドのクアッドキャプチャーを買い直したほどでした。

上の画像の製品は、当時で3万円ほどだったと記憶しています。

現在では製造されていませんが、今でも根強い人気があり、多くの人から愛用されています。僕もそのうちの1人です。

10年近くに渡って使用していますが、ノイズやレイテンシーなども少なく、今でも現役バリバリで使用しています。

このことからも、オーディオインターフェースは、良質なものを使う方がいいとわかります。

まとめ

この記事では、Logic Pro Xでおすすめできるオーディオインターフェースについて、解説をしてきました。

結論としては、良質なものを選び、粗悪品に手を出さない方がいいということになります。

これは、CubaseやSTUDIO ONEなどのDAW(作曲ソフト)でも、同じことが言えます。

あなたの今後の作曲活動を円滑にするためにも、良質なオーディオインターフェースを選ぶようにしてくださいね!

では、この記事は以上になります!

あなたのお役に立てたら幸いです!