Logic Pro Xでのマスタリングのやり方や手順、方法を音声と画像付きで解説!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnia_tetsu

Logic Pro X(ロジックプロテン)でミックスをすませ、書き出した音源を再生した時、音量が小さいなあと感じる方が多いと思います。

このことを解消するためには、マスタリングという作業を行い、音圧を上げる必要があります。

この記事では、音圧を上げるやり方や方法、手順を解説していきます。

しかし、よく勘違いされている方がいるのですが、それだけがマスタリングではありません。

これから読み進めるにあたり、このことをしっかりと頭に置いてください。

また、参考までにマスタリング前の音源と、終えた後の音源を用意しました。

音量に注意して、お聴きください。

・マスタリング前の音声

・マスタリング済みの音声

お聴きになったとおり、音圧の違いを感じ取れたと思います。

では、Logic Pro Xで行うマスタリングのやり方や、本来の意味について解説を行います。

マスタリングとは何か?

「音圧を上げることがマスタリングである」

このように、よく言われています。確かにその認識でも間違いではないですが、それ以外にも意味があります。

この作業を行うということは、ミックスダウンされた音源があることが前提になります。

その音源の音質を微調整することも、マスタリングに該当します。

例えば、3曲入りのCDを製作するときなど、収録曲の音量バランスを整えるなどの作業が該当します。

また、配信用の音源をMP3などのファイル形式で書き出す作業も、マスタリングに該当します。

ただ、この記事を読まれている方は、音圧を上げる方法を知りたがっているのではと思います。

このことを目的としているなら、適切な音量と広がりをしっかりと意識して行う必要があります。

なぜなら、無作為に音圧を上げると、元の音源のミックスバランスが崩壊してしまうからです。

このことに注意しながら、実践に臨むようにしてください。

Logic Pro X標準搭載のプラグインでのマスタリングの手順!

では、マスタリングの実践解説を行います。

Logic Pro Xなら、標準搭載のプラグインでも、十分にマスタリングを行うことができます。

「外部のプラグインを導入する必要はないのでは?」と思うほど、優秀なものが揃っています。

この記事で紹介するプラグインは、以下の5点です。

①Loudness Meter(ラウドネスメーター)

②Match EQ(マッチイコライザー)

③Compressor(コンプレッサー)

④Linear Phase EQ(リニアフェーズイコライザー)

⑤Adaptive Limiter(アダプティブリミッター)

この順番の通りに使用していくのを手順とし、それぞれについて解説をしていきます。

Loudness Meter(ラウドネスメーター)

Logic Pro Xには、ラウドネスメーターというプラグインが標準搭載されています。

まずは、このプラグインをステレオアウトトラックにインサートします。具体的な方法は、下の画像をご覧になってください。

これは、あなたが製作した音源の音圧を、視覚的に見ることができるプラグインです。

よくDTMの世界では、「この曲は音圧が低いね」などと、言われることがあります。

例えば、ミックスダウンしたWAVやMP3などの音源を聴いてみたら、音量が小さいなあと感じることがあると思います。

この状態のことを、音圧が低いといいます。

そのようなことを解消するために、音圧を上げる作業を行います。そのためには、音源の音圧状況を確認する必要があります。

そこでこのラウドネスメーターを使えば、現在進行形でどの程度の音圧がかかっているかを、一目で確認することができます。

このことから、このプラグインは音を変化させるものではなく、音を視覚的に捉えるためのものであることがわかります。

では、下の画像をご覧になってください。

画像は僕が製作した楽曲の、マスタリング前の音圧状況です。

ご覧の通り、数値が-11あたりになっており、音圧が低いことがわかります。この数値が0に近くなるほど、音圧が高くなっていきます。

このラウドネスメーターを使えば、視覚的に音圧状況を確認することができ、マスタリングがやりやすくなります。

主にプロの世界では、-5まで音圧を上げていると言われています。

中には-3dbまで上げている方もいますが、ここまで音圧を上げてしまうと、高等なマスタリングテクニックが要求されます。

よって、音圧を上げすぎることは、オススメできません。

また、音圧を上げすぎると、元の音源のミックスバランスがほぼ確実に崩壊します。

「マスタリングを行うときは、適切な音量と広がりを意識する必要がある」と前述したのは、このことがあるからです。

初めて行う場合は、-8〜-5db程度まで上げることを目安に行えばいいでしょう。

また、画像のやや上部に「M」と「S」というローマ字が記載されています。これらは、Mid(ミッド)とSide(サイド)を意味します。

マスタリングでは、これらの処理も行う必要がありますので、この記事内にて併せて後述します。

Match EQ(マッチイコライザー)

ラウドネスメーターで音圧状況を確認できたら、次はマッチイコライザーを使用してみましょう。

Logic Pro Xをお使いの方なら、このプラグインは是非とも使うことをオススメします。

このプラグインの主な特徴は、あなたの作った楽曲を、あなたの好きな楽曲(リファレンス)と同じイコライザーバランスにすることができる、とんでもないプラグインです。

「この曲はあの曲みたいな雰囲気に仕上げたいなあ」と思うなら、これを使わない手はありません!

では、使い方を解説していきます。このプラグインの使い方は、3ステップですので、それに沿って進めていきます。

ステップ1.Match EQをインサートし参考曲(リファレンス)を用意する

まず、下の画像の通りに、ステレオアウトにこのプラグインをインサートします。

次に、参考曲(リファレンス)をトラックに読み込ませましょう。

尚、アップルミュージックなどの、月額制サービスの音源は使うことはできません。

CDをパソコンに読み込ませるか、iTunesなどで音源を購入し、それをLogic Pro Xに読み込ませましょう。

下の画像のように、参考曲(リファレンス)を、オーディオトラックに読み込ませます。

ここまでできたら、次のステップです!

ステップ2.あなたの曲と参考曲をマッチイコライザーに読み込ませる

次に、Match EQを立ち上げましょう。立ち上げたら、下の画像の手順に沿ってみてください。

まずは、画面左下のCurrent(カレント)をクリック。

次に、Learn(ラーン)をクリック。

そして、あなたの曲を再生してください。再生時間はおよそ10秒ほどが目安です。


こうすることで、マッチイコライザーに、あなたの曲のイコライザーバランスを記憶させることができます。

この時、参考曲のトラックは、ミュートにしておいてください。

ここまでできたら、次は参考曲(リファレンス)をマッチイコライザーに読み込ませます。

下の画像の手順に沿って行なってみてください。

画面の下の真ん中の、Reference(リファレンス)をクリック!

次にLearn(ラーン)をクリック!

参考曲のトラックをソロに設定し、音源を再生し、マッチイコライザーに読み込ませます。

この時の再生時間も、10秒ほどを目安に行なってください。


こうすることで、マッチイコライザーに、あなたの好きな曲のイコライザーバランスを記憶させることができます。

ステップ3.2つの曲のイコライザーバランスをマッチさせる

最後のステップになります。下の画像をご覧になってください。

EQ Cueve(イコライザーカーブ)をクリックし、次にMatch(マッチ)をクリック!

すると画像のような形で、参考楽曲と同じイコライザーバランスを生成してくれます。

あとは、イコライザーのパラメーターの数値を触って、微調節を行います。

まずは画面右側のApply(アプライ)で、マッチ具合のパーセンテージを設定します。

この数値はあまり上げすぎず、30〜50%ほどを目安にすれば、違和感なく適応させることができます。

次に、画面左下のSmoothing(スムージング)を触り、イコライザーのカーブを滑らかにします。

この設定は特にオススメはなく、お好みで行なっても構いません。音を確認しながら、あなたの好きなところで設定すればオーケー!

これは、数値が0に近いほど波が細かくなります。逆に数値が上がると、波が平らになります。

詳しくは、下の2枚の画像をご覧になってください。


また、下の画像の通り、直接的にイコライザーバランスを調節することも可能です。こちらも、あなたのお好みで設定してみてください。

ではここで、マッチイコライザーの使用前と、後の音を確認してみましょう!

下の音声をお聴きください。

・マッチイコライザー使用前

・マッチイコライザー使用後

コンプレッサー

続いては、コンプレッサーを使用します。

このエフェクターは、ミックスでもお馴染みのものですが、マスタリングでも使用されます。

コンプレッサーとは、音量が一定のレベルを超えたら、音を潰して大きくなりすぎないようにする装置のようなものです。

DTMの世界では、コンプと略されて呼ばれることが多いです。

また、コンプで圧縮することを、「コンプがかかる」などとも言われます。

マスタリングでは、1曲を通して音量のバランスを整え、音圧を上げるために使用します。

Logic Pro Xでは、7種類のコンプレッサーが標準で搭載されています。

「これを使ってください」というものはありませんが、この記事ではPlutinum Digital(プラチナデジタル)を使用します。

インサートの方法は、下の画像をご覧になってください。

また、このプラグインには、様々なパラメーターが存在します。

なので、わかりやすいように、それぞれに分けて解説をしていきます。

AUTO(オートリリース)とAUTO GAIN(オートゲイン)をオフにする

まずは下の画像のように、AUTO(オートリリース)とAUTO GAIN(オートゲイン)の2つをオフにします。

これをオフにしておかないと、こちらで合わせた数値でのコンプのかかりが、上手くできなくなります。

ミックスでは便利な機能ではありますが、マスタリングでは不要な機能です。

オフにしなければいけないというルールは存在しませんが、初めて行う場合は、オフにしておくようにしましょう。

スレッショルドを設定しどの音量で音を潰すかを決める

次にスレッショルドを設定し、どこの音量で音を潰すかを設定します。

これは元の音圧状況により異なるため、「この数値にすればいい」という明確なものはありません。

メーターの針が-4db前後を刺す辺りに来るまで、スレッショルドの数値を設定すればいいでしょう。詳しくは、下の画像をご覧ください。

この針が刺す意味は、どの音量を潰したかを表します。

スレッショルドは、再生しながらパラメーターを上下させると、違いがわかりやすく感じ取れます。

これは、どのプラグインをかける時も、同じことが言えますね。

コツは一度限界までパラメーターを下げて、そこからメーターを確認しながら少しずつ数値を上げます。

こうすることで、音の変化をわかりやすく確認することができるので、設定がしやすくなります。

ATTACK(アタック)とRELEASE (リリース)の設定

アタックは、コンプがかかり始まるタイミングを調節するパラメーターです。

この数値が低いほど、コンプのかかりが早くなります。

リリースは、コンプがかかり終わるタイミングを調節するパラメーターです。

この数値が低いほど、コンプのかかりの終わりが早くなります。


ここでは、アタックの数値は低めに、リリースの数値は高めに設定します。

こうすることで、コンプが早くかかり、それを長めに持続させることができます。

これも音源を再生しながら、数値を設定すれば、音の変化をわかりやすく感じれます。

詳しくは、下の画像をご覧ください。

RATIO(レシオ)で圧縮の比率を決める

レシオは、音の圧縮の比率を変化させるパラメーターです。

ここでは、軽めにかけることをオススメします。

なぜなら、この数値が大きすぎると、圧縮が強くかかりすぎてしまうからです。

そうなってしまうと、ミックスバランスが崩壊してしまいます。

また、この数値を設定することで、針が刺す数値が変化します。

針の位置が-4から-5までを刺すように、しっかり確認しながら数値を設定しましょう。

この記事では、1. 9:1の数値に設定しています。詳しくは、下の画像をご覧ください。

KNEE(ニー)を設定し、コンプのかかり具合を微調整する

ニーの数値が高いほど、コンプのかかりが柔らかくなり、低いとコンプのかかりが固くなります。

下の画像をご覧ください。

屈折している箇所が尖っていると、コンプのかかりが固くなり、丸くなると柔らかくなります。

これは、できるだけ柔らかくしておいたほうが、良い音量バランスを保つことができます。

よって、ニーの数値はできるだけ高く設定すればいいでしょう。

DISTORTION(ディストーション)を設定する

Logic Pro X標準搭載のコンプレッサーには、ディストーションというパラメーターが搭載されています。

このパラメーターをオンにすることで、音が一気に太くなります。

僕は、Soft(ソフト)に設定することをオススメします。

Hard(ハード)やClip(クリップ)というモードもありますが、なぜかこの両者は音があまり太くなりません。

Hardという言葉から、より太くなると思われがちですが、なぜかSoftの方が太くなります。

MAKE UP GAIN(メイクアップゲイン)

メイクアップゲインを使うことで、最終的な音量を調節することができます。

ここでのポイントは、数値をあまり上げすぎないことです。

何度も申し上げた通り、マスタリングでは、ミックスバランスを崩壊させないことが前提となります。

明確な数値はご自身で判断してもらうしかありませんが、この記事では3dbだけ上げています。

では、コンプの設定が完了したので、音を聴き比べてみましょう!

・コンプレッサー使用前

・コンプレッサー使用後

コンプレッサーを使用したことで、音に迫力が出ました!

これでは終わりませんよ!さらにプラグインを追加して、音圧を稼いでいきましょう!

また、コンプレッサーについては、下記リンクの記事でも詳しく解説をしています。お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・DTM!コンプレッサーの役割や使い方とは? 

Linear Phase EQ(リニアフェーズイコライザー)

次は、リニアフェーズイコライザーを使い、MS処理を行います。

ラウドネスメーターの解説で少し触れましたが、MSとはMid(ミッド)/Side (サイド)の略称のことです。

これらのことを更に詳しくいうと、Midは真ん中の音圧を、Sideは外側の音圧を意味します。

つまりMS処理とは、真ん中と外側の音圧の処理をするということになります。

音というものは、Midに集まりやすい性質があります。逆に言えば、Sideにはあまり音が集まっていないということになります。


よってSideには、音圧を稼ぐ余地があるということになります。この箇所の音圧を上げると、音源の響きがグンと広がります。

ここでLogic Pro X標準搭載の、リニアフェーズイコライザーを使えば、Sideの音圧を調整することができます。

では、下の画像をご覧ください。

上の画像の手順で、リニアフェーズイコライザーを、ステレオアウトトラックにインサートできます。

すると、次の画面が立ち上がりますので、パラメーターを設定していきます。

まずは画面の下の真ん中にある、Processing(プロセッシング)をクリックしてください。

次に、Side Onlyをクリックします。こうすることで、Sideのみの帯域を表すことができます。

この時、Side側の音圧はスカスカなので、このプラグインを使用してそこの音圧を上げていきます。

では、実際にSideの処理を行いましたので、下の画像をご覧になってください。

この記事では、1000Hzを3dbほど上げています。

ここで注意してもらいたいのは、あまり数値を上げすぎないことです。

このエフェクターでも、数値を上げすぎると、ミックスバランスの崩壊の原因となります。大きくても3dbまでを目安に上げるようにしましょう。

次に低域を処理します。もともと低域はMidに集まってきているので、Sideではブーストさせる必要はありません。よって、大胆にカットをします。

ここでは、400Hz以下をバッサリ切り落としています。

ただ、これらの数値は正解ではありません。音源の状態によって、適正な数値が変わってきます。

音を再生しながら、違和感のない箇所を探しながら、カットすればいいでしょう。

では、リニアフェーズイコライザーの設定が完了しましたので、音を聴き比べてみましょう!

・リニアフェーズイコライザー使用前

・リニアフェーズイコライザー使用後

Sideの帯域を持ち上げたので、高域がやや強調されたのがわかると思います。

Adaptive Limiter

いよいよ、マスタリングの最終段階に入ります。

Logic Pro Xには、Adaptive Limiter(アダプティブリミッター)というプラグインが標準搭載されています。

このプラグインのことを簡単に説明すると、音圧爆上げ装置です。

他のメーカーでは、マキシマイザーという名称のものがありますが、それと同じ効果を発揮してくれます。

これをインサートし数値を設定するだけで、驚くほどに音圧を上げることができます。

では、下の画像をご覧ください。

ステレオアウトトラックに、Adaptive Limiterをインサートしました。

次に、画面右下のAplly(アプライ)をクリックしてください。

すると、Lockahead(ルックアヘッド)の数値が、20msとなります。下の画像をご覧ください。

次に、Out Ceiling(アウトシーリング)を調節します。

このパラメーターは、製作したトラックをMP3やWAVなどのファイルで書き出すときの、音割れを防止するために行うものです。

この数値を0にしたままだと、音割れが発生する可能性が高くなります。

このパラメーターの設定は、人により異なりますが、この記事では-0.1dBに設定します。

-0.1dBで書き出しても、音割れが起こっているなら、-0.2や-0,3ほどに下げるなどして調整をしてください。

ちなみに、このパラメーターの数値は、大胆に下げることはあまりありません。

では、最後にゲインの設定をします。この数値は、上げれば上げるほどに、音圧が驚くほど簡単に上がります。

しかし、この数値の設定も、ミックスバランスを想定して上げる方がいいでしょう。

あまり上げすぎてしまうと、思いっきりバランスが崩れてしまいます。

この記事では、4dBほど上げています。あなたが実際に行うときは、音を再生しながら、バランスの崩れない適正の箇所を探しながら、行なってください。

では、アダプティブリミッターの設定が完了しましたので、音を聴き比べてみましょう!

・アダプティブリミッター使用前

・アダプティブリミッター使用後

音圧が爆発的に上がりました!大迫力なサウンドを演出できているのが、わかりますね!

まとめ

では、この記事も終盤になりますので、最後に音の聴き比べをもう一度行いましょう!

・マスタリング前

・マスタリング後

Logic Pro X標準搭載のプラグインだけで、ここまでのことができました。

正直なところ、外部のプラグインはいらないような気さえします。

それでも、僕は外部のものを使うことがありますが(笑)

そして、重ねて申し上げますが、音圧を上げることだけがマスタリングというわけではありません。

CDの収録曲の音量を揃えることや、配信用のファイルの書き出しを行うのも、マスタリングの側面です。

もしあなたが、マスタリングエンジニアを志しているのなら、このことも同時に覚えておくといいでしょう。

では、この記事は以上になります!

あなたのお役に立てたら幸いです!