かっこいい!王道のロックコード進行を音声付きで解説!

Pocket

こんにちは。関西を拠点に活動中のロックバンド、Zinnia Staticeのウラタテツです。

Twitter:@zinnia_tetsu

数ある音楽の中でも、煌びやかで圧倒的な存在感を放つジャンル。それがロックです。

ロックに憧れてバンドを始めたり、作曲に挑戦しようとする人は多いでしょう。

僕も10代の頃にB’zを初めて聴いたときに、ロックの世界観に酔倒し、そのままバンドを始めました。

しかし、初めてのうちはなかなかロックらしい、コード進行が思い浮かばず苦戦しました。

そこから、世に流れているロックから、どのようなコード進行が使われているかを学びました。

そうしたことで、ロックらしいコード進行を、作ることができるようになったのです。

この記事では、僕が学んできたロックなコード進行や、王道から応用までを全て音声付きで解説して行きます。

ロックのコード進行はパワーコードが王道

ロックというジャンルではエレキギターで、パワーコードを弾いている場合がほとんどです。

パワーコードという言葉を聞いたことはあるものの、それが実際に何なのかがわからない人も多いと思います。

ここでパワーコードのことを、敢えて音楽理論の側面では解説はせず、簡潔に進めたいと思います。

パワーコードのことをザックリ言うと、ギターの6,5,4弦のみを使用して、エレキギターを鳴らす奏法のことを言います。



6,5,4弦は、ギターの低音を担当する箇所です。その箇所のみを使用することで、ロックらしいヘヴィな響きを得ることができます。


また、必ずしも弦を3本使用するわけではありません。

コードの種類によっては、6,5弦の2本や、5,4弦の2本だけを使用する場合もあります。

場合によっては、3,4弦で演奏する場合もあります。


例えば「Em」をパワーコードで再現するなら

「6弦開放、5弦2フレット、4弦2フレット」

の3つのみを押さえれば、パワーコードを再現できます。

詳しくは、下の画像をご覧ください。

また、Dをパワーコードで再現するには、

「5弦5フレット、4弦7フレット」

の2箇所を押さえれば再現できます。

尚、コード進行の作り方を、音楽理論の側面から解説している記事もあります。

お気になる方は、こちらも併せてお読みください。

・作曲で役に立つコード進行の作り方やルールを伝授します! 

定番のロックなコード進行3選

では、これからロックなコード進行を、音声付きで3つ紹介します!

ここで紹介するコード進行は、王道と呼ばれるものです。

今後あなたが作曲をする上で、かなり役に立ちますので、しっかり学習してくださいね!

日本のロックでの王道コード

・D → E → C#m → F#m ×2

この手のコード進行は、ロックというジャンルを越えて、多くの音楽で採用されています。

特に日本の音楽シーンでは、探せば山ほどこのコード進行があるでしょう。


・F#m → A → B → A → F#m → A → B → C → B ×2

ロックの定番中の定番の、コード進行です。

さりげなく「C」を入れることで、捻りのある演出ができているのもポイントです。

上昇フレーズ

・F#m → G# → A → B ×2

ローコードから上昇していく、コード進行です。

Bメロからサビへの、移り変わりなどに採用しやすい、コード進行と言えます。

・F#m → A → D → E ×2

上の音源と似ていますが、違いはEにあります。

音源では、Eはハイコードではなく、ローコードを採用してます。

上昇フレーズでも、最後に敢えてローコードを採用することで、ロックらしいヘヴィなフレーズを演出することができます。

このことを意識して、コード進行を作ってみるのもいいでしょう。

下降フレーズ

・Am → G → F → E ×2

下降フレーズは、90年代に活躍されていた、ヴィジュアル系バンドがよく採用していました。

90年代のヴィジュアル系バンドにインスパイアされたバンドは多く、現代でも下降フレーズを使うバンドは多いです。

一つのコードから複数のアプローチを取る

では、次に一つのコードから、複数のアプローチを取ったコード進行をご紹介します。

このアプローチを取ることで、幻想的であったり、他とは違う空気感を演出することが可能です。

分数コード

・G → G on F# →G on F →Em → Am → Am on G# → Am on G → D

これまで紹介してきたコード進行と違い、少し不思議な空気感が演出されているのが、わかるかと思います。

分数コードは、基本的なコードの押さえ方を保ちつつ、ルート音のみを指定された箇所を押さえることで再現ができます。

このコード進行では、ルート音を半音ずつ下げています。

・F#m → F#m on E → F#m → F#m on E → G ×3 →A → G → F#m → E

F#mを中心としながら、めまぐるしい勢いで、6弦解放を混ぜたコード進行です。

6弦の解放を混ぜることで、ハードロック的なフレーズに昇華させることができます。

途中でさりげなく、Gを入れることで、妖しさを演出できているのもわかると思います。

定番のコード進行に変化をつけるパターン

定番のコード進行に飽きたら、そのコードに変化をつける手法もあります。

この手法を採用することで、激しいながらも、幻想的な空気感を演出することが可能です。

・DM7 → E7 → C#7 → F#m

このコード進行は、上記で解説したものに変化をつけたものになります。

ポイントは、M7(メジャーセブンス)や7(セブンス)コードを採用する点にあります。

M7はオシャレコードとも言われており、定番の手法に少し工夫を凝らしたようなコードトーンが特徴です。

7コードは、オシャレというよりも、やや渋みのあるコードトーンが特徴です。

この2点を組み合わせることで、単に激しいだけでなく、深みを増したようなコード進行を再現することができます。

是非、実践してみてください。

まとめ

これまでの解説で、ロックで使われるコード進行を紹介してきました。

もちろん、ここで紹介したパターンが全てではありません。

僕は作曲のキャリアは、10年以上になります。それでも、コード進行一つで、音楽の聴こえ方が一気に変わってくるのを実感しています。

今でも、心を揺さぶられることが、本当に多いです。

あなたも、作曲を進めていく中で、このような体験を多く積んでいってくださいね!

では、この記事は以上になります!

あなたのお役に立てたら幸いです!